沖縄県粟国島

マナハ沖.jpg

沖縄県粟国島

那覇から北西に約60㎞、フェリーで2時間15分、チャーターヘリで25分。人口700人ちょっとのコンパクトな島です。そんな中に、火山の痕跡や巨大な割れ岩といった雄々しさと、県内有数のロングビーチといった優しい景色の両方があります。他にも、無料で見学できる鍾乳洞や「粟國の塩」工場、沖縄の原風景が残る集落、満天の星空や野鳥観察(沖縄県鳥獣保護区指定)、旧暦で行われる祭祀など、見どころもいろいろ。 サンゴの美しい粟国の海は、おびただしい数のギンガメアジのトルネードが見られるダイビングスポットとしても有名です。

ここには、まだあなたの知らない「オキナワ」があります。

不便だけれど、なぜか心地よい。

ぜひ一度『粟国時間』を感じに来てください。

ヤヒジャ海岸

粟国島は火山の島。赤、黒、白の巨石が噴火の激しさを物語っています。

ヤヒジャ海岸1.jpg

筆ん崎(マハナ)

筆ん崎(マハナ)は火山灰が積み重なってできたもの。

上にある展望台からは久米島、渡名喜島、慶良間諸島など沖縄の島々を眺める事ができます。ヤヒジャ海岸(マナハ下).JPG

東ヤマトゥガー

巨大な割れ岩をくぐり抜けると、粟国島が生まれた時代そのままの風景が見られ、まるで原始時代にタイムスリップしたよう?!

東ヤマトゥガー.jpg

長浜ビーチ

白い砂浜が1㎞も続く長浜ビーチ(ウーグ)干潮時には小さな潮だまりができて

美しい小魚を眺める事ができます。

ウーグ.JPG

集落散策

石垣とフクギの並木が美しい集落は古き沖縄そのまま。のんびり歩けば、心も身体もしっとりと落ち着いていきます。

角を曲がれば、子ヤギや子牛が出迎えてくれるかも。

集落2.jpg

トゥージ(水がめ)

湧水の少ない粟国島では雨が頼り。凝灰岩(ぎょうかいがん)を掘って作ったトゥージと呼ばれる水がめに雨水を貯めて使っていました。

トゥージ(水瓶).jpg

伝統行事

粟国島には60余りもの伝統行事があります。島の神女(ノロ)は祭祀を司る重要な役割を担っています。

グラフィックス1.png

ロケ地めぐり

粟国島は、映画「ナビィの恋」のロケ地。晴れた日には小さな浜から近隣の離島が見えます。

ナビイの恋ロケ地.jpg

粟国島物産展(終了しました)

粟国村生活改善研究会加工部のアンマー達がつくった、粟国の「もちきび」入りかりんとうは、香ばしさと懐かしさが味わえる故郷の味。黒糖入りは粟国島産の黒糖だけを使用した優しい甘さが自慢。粟國の塩入りはビールのおつまみにもピッタリ。無添加無着色ですのでお子様にも安心してお召し上がりいただけます。

FullSizeRenderimage
来店予約

広告

沖縄県粟国島」への1件のフィードバック

  1. ハイタイ!ぐすーよちゅーがなびら。
    粟国島からこんにちは!
    18日から三日間、粟国島PRブースを展開します。
    粟国の塩や粟国のゆるきゃらアニーちゃんキャンディをお配りします。
    ぜひ、遊びに来てくださいね!
    ※粟国島物産展開催中です

    いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中